毒りんごを差し出す人

  • 2020.02.18 Tuesday
  • 11:59

JUGEMテーマ:今日のおしゃべり

こういう人って本当にいるのよ

 

 

 

  

 

 

もっとも、こんな醜悪な姿はしていませんが

何気ない顔で毒りんごを差し出す人

 

 

    いわゆる

    物で人を釣るっていう行為

    これが公的な場合は賄賂、ですね

 

 

本人は至って親切のつもりなのですが・・・

 

そこには、差し出す本人でさえも気がついていない程の毒が潜んでいる

 

お調子に乗って受け取っていると、ある時、それはいきなりやって来る‼

 

 

気分は最悪、絶不調!!!

 

 

まぁ・・・

 

毒に耐性が出来る人もいますので、麻痺してしまって気がつかない場合もあるようです

 

大概の方は調子を悪くしていくようですが。

 

 

 

今年になって氣の流れが大きく変化をしていき

これまでと波動域が変わって来たのを感じています

 

そうした変化を感じ取って行くうちに、微妙な不協和音に耐えられなくなって行きます

 

やがてそれは、毒のように内側から蝕んでいく

 

この頃は特に顕著な症状が現れ出し・・・

 

そんな強烈な不快感に吐き気をもよおして来ました

 

 

   変化の時は痛みを伴う

 

こんな言葉をよく耳にして来ましたが、これは本当。

 

自分自身も少なからず胸を痛める出来事に遭遇して来ました

 

 

2020年

いよいよ始まった大変革

 

この激流に飲み込まれてしまわないようにするには

毒で身を重くしている場合じゃない!!!

 

 

 

  

 

 

 

 

どんな甘い誘惑にも負けない意志の強さが必要ですね

 

そして・・・

 

その毒には、自らにも反応してしまう要素があるのだと言うことにも気づいて

心しておくことが必要

 

自分が変わらなければ、毒に犯され続けていても気がつかないので

そういった状況に陥ることも無いし

 

自分が変わると言うことは、毒を認識できるということ

身近に関わらなければネガティブな影響を受けて気分が凹むことも無い

 

 

毒に反応してしまった自分がいる

その現実を真摯に受け止めて感謝して流す

その作業をひたすら続けている今日この頃

 

満月を過ぎ、16日の日曜日

下弦の月を越えた辺りから一気に浄化作用が増したようで

解毒が始まったことを感じています

 

 

本人には悪意は無い

けれど、差し出すものには微量ながら毒がある

 

ここ数年、すっかり動きが鈍ってしまった自分自身を鼓舞しながら

来る大転換期に備えて、もうひと頑張り

身辺整理に勤しむと致しましょう❣

 

 

 

 

 

残された時間

  • 2020.02.14 Friday
  • 13:15

JUGEMテーマ:今日のおしゃべり

愛犬の具合が悪い日々が続いています

 

もっと早く対処が出来なかったのかと、後悔の日々も。

 

胸にある小さなしこりに気がついた時には

下半身に水が溜まり感染症で生死の境を彷徨っていました

 

数か月治療に専念し、体力が回復して再度診察を受けあれこれと再検査

その結果は血液検査の結果も良好で手術をすることは可能だが

しこり(腫瘍)を取り除いたところで今よりも生活改善はしないと告げられました

 

痛い思いをさせるだけなら、なるべく現状を維持できますように・・・と。

切除を見送りました。

 

それが今から2年前の冬のこと。

 

それから一年ほどは散歩も短い距離ながら毎日歩きに出かけ気分転換。

ここ一年ほどは足元もおぼつきませんので散歩に出ることも無くなり

外出は獣医さんのところか爪切りなど必要最小限

 

坊やは今年の夏で満15歳、すっかり老犬の域に入っています

凄く痛いであろうに、毎日痛み止めを飲みながら頑張ってくれています

 

あと残された時間はどれくらいあるのだろう・・・

 

 

 

 

不調に震える身体をさすりながら坊やに話しかけ続けています

 

 

   痛いの痛いの飛んで行け〜‼

 

   病気にさせてしまってごめんね

 

   私のところに生まれて来てくれてありがとうね

 

   長い間、一緒にいてくれてありがとうね

 

  

   坊やの残された時間が

   どうぞ、これ以上 苦しまず安らかに過ごせますように

 

 

この子が虹の橋を渡って

姉犬や母犬が待つところへ旅立つまで

どうぞ

少しでも幸せな時間を過ごしてくれますように・・・と。

 

 

坊やを抱きしめながら

ごめんねと、ありがとうを繰り返す日々

 

残された時間は、私にとっては宝物

 

痛みが遠のき、穏やかな寝息をたてながら眠る坊や

大きなイビキや寝言は微笑ましいBGM

 

PC作業の手を止めては、坊やの寝顔を眺める「日々

 

こんな時間が少しでも長く続きますようにと祈ります

 

 

 

物心ついたころからこれまでの生活の中で、生き物がいなかったことは無く

犬猫、鳥、魚など様々な生き物と暮らして来ました

犬は10匹ほど飼って来ましたが

坊やを見送るのが一番辛い

 

きっと・・・

 

坊やを送り出したら二度と動物を迎え入れることは無いだろう

 

酷いペットロス症候群に陥りそうだと、既に今から憂いています

 

 

 

 

 

 

お気に入りは和服のリメイク?

  • 2020.02.10 Monday
  • 10:50

JUGEMテーマ:今日のおしゃべり

この頃のお気に入りは和服・和生地のリメイク

これは随分前から様々なデザインを見て来ましたが、どれ一つ気に入らない‼

そして高額過ぎるってことで・・・

 

私のところに上質な着物や反物が大集合してきます

どれもこれも最高級の絹や綿、麻布たち

これをどうにか活かしてあげたい

 

再び日の目を見るには手軽に着こなせる洋服仕立てが一番ですね

デザインが気に入らなければアレンジしてしまえばいい

 

気に入ったデザインの洋服等を見かけたら早速イメージをコピー

自分なりに修正を施すことで一点物が仕上がります

 

この頃では自分でオリジナルに取り組むことにしました

着物や帯生地なので、おのずと布幅にも限界があります

生地の質感や柄行きなどでもチョイスするデザインは変わりますね

 

昨年末から今年にかけては紬生地や帯生地を解いて作るリバーシブルベスト

上質な大島紬などを惜しげも無く切り刻む快感は格別です

 

 

   

 

 

白い紬に薄墨で模様と游字を描いた物

眺めのベストコートは脇のスリットをアオザイ風に仕立てました

真冬以外のスリーシーズン着て頂けるはず

ベルトやスカーフなど、小物遣いで印象は何通りにも変化します

 

 

 

 

 

 

帯生地を表に使い、裏地には紬に游字と雲柄を墨で描いた物

 

この画像は未だ衿付けを済ませていませんが

裏地の游字を認めて下さった游字書家の先生に来ていただくつもり

 

 

 

     

 

 

表地は刺し子風の帯地

裏はお洒落な大島紬柄

 

 

 

 

 

裏地にもひと工夫

柄物の裏側をメインに使い表文様をポケットに使用

 

これは陶芸家の先生にプレゼント

 

 

どの作品たちも差し上げる方をイメージして作り上げています

 

 

2年ほど前から和服再生プロジェクトとして様々なデザインをアドバイスして来ましたが

2020年は参加者の皆様に是非とも自分だけの逸品に取り組んで頂こうと

課題をお洒落な半纏(リバーシブル仕立て)に取り組んで頂こうと発信中です

 

 

さて、次はどんなデザインに取り組もうかしら♪

 

 

ブログを更新している暇がないほど忙しく取り組んでいます

 

小さな怒りが埃のように溜まっていく?

  • 2020.02.02 Sunday
  • 10:13

JUGEMテーマ:今日のおしゃべり

JUGEMテーマ:気になること

この頃、特に思うのですが・・・

 

毎日、小さな怒りが沸々と感じられます

 

それは自分の中からの感情かもしれないし、外からの微小な振動かも。

 

やがて大きなマグマ溜まりになって噴火してしまうのでしょう

 

 

少しずつ降り注ぐ小さな怒りの感情

 

 

 

   

 

 

 

地球が抱かえているとてつもなく大きなマグマ溜まりのように

 

世界で小規模な噴火を繰り返している内はまだ良いのですが・・・

 

 

   連鎖することが一番怖い現象です

 

 

人が感情という潜在意識の中に溜め込む怒りがこの星とリンクして行くようで・・・

 

 

 

手遅れにならないように少しずつ、少しずつ解消して欲しい

 

 

これは自分自身にも強く肝に銘じている今日この頃です

 

 

 

靴が壊れた⁉

  • 2020.01.29 Wednesday
  • 13:37

JUGEMテーマ:今日のおしゃべり

昨日のことです、出先で靴が大破‼

 

新しい道を作る時には新しい履物を用意して下ろす、とも言いますが・・・

 

先週の水曜日に一度履いただけの靴の底が木っ端微塵って、どうなんでしょうね

 

ソールの部分が経年劣化することはよくある話ですが

 

購入して一年も経たない靴の底が見事に崩れ去りました

 

 

 

 

  

 

 

 

これはもう・・・

 

新しい道を行くしかないってことなんでしょうね。

 

 

それも、崩れたのは主に左足

 

これまでの道が閉ざされて、後戻りは出来ないってことなのでしょう

 

 

躊躇することなく思い描くことに進むこと。

 

 

改めてそう示唆されたように思います

 

 

起こることには須らく意味が潜んでいる

 

 

いつも様々な現象でメッセージを受け取っていますが

 

出先で靴を壊すのだけはご勘弁を‼

 

 

 

とは言うものの、妙な予感で車に予備の靴を積んで出かけたところから

 

この現象を受け取る準備をしていたってことでしょうね。

 

 

 

さてと。

 

 

思い描くことを現実に・・・

 

 

これがまたひと際厄介だわ❣

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Counter