またまた聞こえる、このメロディー

  • 2016.01.07 Thursday
  • 18:55
JUGEMテーマ:今日のおしゃべり

懺悔懺悔、六根清浄

  さ〜んげ、さんげ
           ろっこん しょ〜じょう♪

山伏が山中で修行をする際に唱えながら歩いたとされている言葉
少し抑揚を付けて掛け合いながら進みます

六根清浄とは
仏教で心身に功徳が満ち自在に動けるように
感覚と認識の基礎となる
眼・耳・鼻・舌・身・意の六根を清浄にすること

六根の罪の懺悔を説いた
【 観普賢菩薩行法経 】という経典に基づいているのだとか。

六根は人間の認識の根幹
それが、我欲などの執着にまみれていては
正しい道(八正道)を往くことはかなわない
そのため、執着を断ち、心を清らかな状態にすること

行者の修行とは、不浄なものを

*眼根(視覚)・・・見ない
*耳根(聴覚)・・・聞かない
*鼻根(嗅覚)・・・嗅がない
*舌根(味覚)・・・味わわない
*身根(触覚)・・・触れない
*意根(意識)・・・感じない

これらのために、俗世との接触を断ち行を行うこと

いやだ、イヤだ、嫌だ!!!
行者の修行は、前世おいて散々体験して来ました
今生は、五行を総動員して顕在意識の領域を超えると決めている

喜怒哀楽
怒り喜び、思い悲しみ、恐れさえもいとわない
五味・五志・五感をフル動員して
人の生を味わい尽くすと決めている

だからこれは
このメロディーが響いてくるのは
思考も自我執着心も突き抜けて、根本心(根元神)まで到達する

そんな新たな旅立ちへの誘いのように感じています


    


いよいよ、阿魔羅識へ向かってまっしぐら〜かしら〜mabatakiniya
 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Counter