皆さま、舵取りの準備はいいかしら?

  • 2019.10.22 Tuesday
  • 08:26

JUGEMテーマ:今日のおしゃべり

これはちょっと不思議な話かしらね。

今から12年ほど前、前回の子年・2008年のことでした

 

この星の最大の危機ともいえる状況に陥ったとき

根元神からのお使いの元に

四大元素の地・水・火・風と時間を支配する、それぞれの担当(精霊)が揃い踏みしました

私も水を司る精霊として召喚されていましたが

その他の精霊たちとはお互いに顔を合わせることも無く

それぞれのポジションで、それぞれのミッションをこなしていましたので

本当はもっと様々な使い手が集結していたに違いないとは思うのですが・・・

 

使者の方以外に、その存在が誰なのかを知ることも無く過ぎて行きました

多分、どの精霊も他の存在のエネルギーは受け取っていたのだと感じています

 

 

その昔・・・

 

 

ぎゅ〜っと縮められてしまった時の流れ(歪み)を

現実世界に衝撃を与えないように元に戻す作業は、極ごく秘密裏に進められて行きました

人の時間感覚では、およそ10年と言う時の猶予を得られたのだと。

そして、その後の人の在り方次第で、この星での未来が決まるのだと。

 

 

そして再び時は巡り、2019年には神議り、神篩の時を迎えています

2020年はいよいよ採決の時

 

あれから・・・

およそ12年という時を経て、国祖・国常立大神のもお出ましになり(隠密裏?)

この星は目覚ましい勢いで次元上昇を進めています

 

残念なことに、人だけが取り残されています

 

一部の人を除き、その動き・波動に気づかず

地球気象などの天変地異に右往左往するばかりで

本来の大波に備えることが出来ずにいるようです

 

 

 

  

 

 

 

これは例えるのなら

まるでノアの箱舟のようなもの

その大波を超えたところに次なる世界、エデン(精神性に目覚めた和の国)に辿り着くのですが。

 

 

しかし・・・

今回のタイミングには導き手のノアはおりません

この先も現れることはありません

 

 

何故ならば

自分を導くのは己の中に眠る神我(ノア・根元神の分け御霊)だからです

 

 

 

何か違和感を感じているのなら

その原因を外に探さず

解決の手段を外に頼らず

自分自身に問いかけて下さい

 

あなたの中に眠る神我を揺り起こして下さい

神様のアンテナを鈍らせないでください

 

 

 

  

 

 

舵取りの準備を、怠らないで下さい

 

既に、これまでの行いで航海の行方は決まっているのですが・・・

 

それでも、微睡む意識を目覚めさせ

その潜在能力のパワーを高めることで対処法は異なってくるのですから。

 

 

 

そして・・・

深い眠りについているのならば・・・

 

中途半端に目覚めない方が

その方が幸せだとも言えるのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Counter